えいぷにゃわん

戦艦大和のふるさと 呉から発信する4miniエイプと愛猫と愛犬のブログ。
DIYでいらん物を作るライダーのドタバタ整備と何気ない日常を綴ります。

「この世界の片隅に」ロケーション

先日の記事で頂いたコメントで閃きました。

今までは飼っていた動物は猫だけでしたが、呉に越してきて犬も飼い始めていたのに名前に入れてませんでした(汗)

本日よりえいぷにゃん改めて「えいぷにゃわん」にブログを改名です!


さて本日の本題です。


この映画に対して、きちんと詳細をに追われている聖地巡礼の記事はたくさんの方々が書かれていますが、地元という事もあり普段は何気なく見ている景色もこの映画を観て改めて回ってみようと思い立ちました。


ちなみにネタばれ要素があるのでまだ作品を観てない方はご注意を。

あらすじには触れていませんが部分的に映画シーンに出てきた現地を見ていきます。

内容的には一度作品を観た方には興味を持って貰える内容かも知れません。

 尚、ロケ地説明のために引用している公式画像の著作権は全て (C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 に帰属します。



空襲を逃れた所にはこんな古いものが残されているのが呉の良いところです。



すずさんがお見舞いに行った場所は今も病院です。



戦後、宅地が広がったり背の高い建物が増えたりはしていますが、遠くに望むと違いが目立たない為か、現在は展望台になっている砲台があったという灰ケ峰の山頂からの景色は変わらないものです。



二人がデートしているシーンで立ち寄っていた現在の小春橋。

二人が見たであろう小春橋からの景色。

海側を背中に現在の市役所ごしに見えるのが灰ケ峰の筈なんですが雲がかかって覆われてしまいました。

冷えてきたからいよいよひと雪ふるかな?



海側にひとつ隣のさかいばし。

橋ゲタは昔のまま。

上部は作り直されてますかね。

劇中にもとても似ているこれかなという橋が見えます。

違うかも知れませんが。



すずさんが住んでいた嫁ぎ先は長ノ木あたりとか。地元のおばあちゃんが教えてくれました。

この長ノ木トンネルを抜けた先をすぐ左に下ると先程の古い庄屋があります。

劇中のお家の雰囲気からするとこのトンネルより少し灰ケ峰寄りに少し上かなといった感じ。


旧海軍墓地の長迫公園近くより長ノ木、灰ケ峰方面。



戦時中と現在の呉。

グーグルアースから切り取ってきました。

湾の真ん中、一番奥へコの字にえぐれているところが埋め立てられてYOUME(ゆめタウン、デパート)、てつのくじら館、大和ミュージアム、フェリー乗り場になっています。



空襲時の火災範囲と対空砲台の記録。

砲台山、三津峰山、工廠西海岸の辺りは大きく延焼したところから離れていますが赤く塗られています。

砲台があったところも襲われて燃えたのではないかと思えます。



私の家は戦後の物なので空襲とは関連が有りませんが、300mほど下った辺りまでは燃えたんだそうです。

そういう視点で街並みを見てみると確かに劇中に描かれていた煉瓦作りの塀が今も残っているのは延焼が無かった地域に有ることがよく分かります。



映画では衝撃的なシーンもありましたが、笑顔もあり明るく生きていたことがとても印象的な映画でした。

また何度も見てみたいと思っています。


過去の実際の資料の一部と共に見てみることで、映画にも描かれていた時代の背景や空気を感じ取れたでしょうか。

お気に入りのスポットなんです

昨日のエイプの試走で夜景とともに撮りたかったアレイからす小島へ。


その通り道で大和ドック前を通る。

あっ!護衛艦がドックに入ってる〜!

182か。

て事は全通甲板のひゅうが型2番艦「いせ」だ!

さすが248m、デカイなー。

いせwiki



今も残る戦艦大和ドック。

ドックは埋め立てられているものの、囲いと屋根はそのままの姿が拝めます。

覗き見れる支柱に古さを感じます。

埋めてる。


埋め立て終わり。


何か作ってますねー。


カラス小島って確か戦時中に陸軍がうめちゃって?、いや掘り下げたっていうのかな。

今は無いらしいんですがその名の通り、小島にカラスが集まっていたとか。

そのままの地名で呼ばれているそう。



こんなに呉港に艦艇が戻ってきてるのを見るのは初めてかも。

ソマリア沖派遣の艦艇が半年ぶりに帰ってきたからですね。

潜水艦だけでも8艇も止まってます。


事前予約すると護衛艦見学出来るそうなので今度行ってみようも思います。


たくさん艦艇が来てる時を狙って(笑)


去年の年末に珍しく映画を見てきました。

ご存知の方もいるでしょうか。

「この世界の片隅に」


これ呉のお話なんですよね。

劇中には昔の呉が忠実に描かれていました。

エンジン修理の段取りをしている合間に今の呉でも散策してみようかなー。

カウントダウン緊急停止〜!

続きの細かい補修も済ませちゃいましょう!


試走前には付いていたストップランプが走行中に反応無しに!

家のすぐそばだったので戻り、今回はその翌日。 


なんだかアッチが直るとコッチだな(笑)


エンジンも少し不安が感じられるフィーリング。

もう色々やってみる。

本当は一つずつやっては確認がセオリーだけど。


キャブ油面測り直してちょいと下げる。

プラグ僅かにくすぶるようなのでMJを5番下げ。

お試しで昔作っていた板金リアカウルからLEDストップランプを拝借して点灯確認。

あ、光るねえ。

ストップランプ交換。

長く使っていたからねえついにご臨終かな。

タペットも再確認。

ん。問題ない。

おっと、新しく購入した水置き換えの柔らかめなチェーングリスもシュ〜っと。

もうあちこち吹いちゃう(笑)←適当

スタンド、レバー、ワイヤーとか。


バイク置いてるところに屋根が無いし、山が近いので結構夕方近くにさらっと雨が降ります。

その度に動きが渋くなるのはちょっとねって事で。



お?エンジンのかかり良くなってる。

アイドリングの安定感出たね。

以前にオーバーホールもしたんだけど、クリーナーを念のために吹いたらほんのちょろっとキャブからドロッとした何かが出たんですよね。


これは大丈夫かな?ってんで10キロ単位の慣らしに出てみようと。


これが悪夢の始まりでした....

あんな事になるとは。


呉には海上自衛隊の基地があり、潜水艦も道路からすぐ見える位置にあります。

その辺りには昔からの姿をそのままに残している煉瓦倉庫もあり試走がてらに写真でも撮るつもりでした。



トコトコ〜っとのんびり走行。

うん、エンジンの反応悪くない。


あっ!充電してたスマホ忘れたー!!

写真撮れなかった...


気分切り替えたところで調子が良いみたいなのでもう少し距離伸ばそうと思い立ち



いつも行ってる我が家の冷蔵庫。

スーパーエブリィ。

家から見える灰ヶ峰を越えた山の向こう側。


渓谷沿いの山道でトコトコとっとと。

バス詰まりの渋滞〜。


あら?修理後の初めてのエンジン始動の時の嫌なアレが....



実は少し白煙が認められるんですよねえ。

オイル下がりなのか、上がりなのか。


その後止まったりしてエンジン組みの時に付いたのが燃えたのかしら?なんて目を背けたりして。


いや、ちゃんとオイルは拭いてるんですよね。

シリンダー挿入のあとにピストントップを。


それでもエンジンフィーリングはほとんど変わらなかったのですが、スーパー到着寸前に急変!


ん?!と思い後続車にウィンカー出して左寄せ、クラッチ握るとエンジンストール!

もう、綺麗にストーンと。


「(あー!今の止まり方これヤバイ!...)

これ、もうかからん奴やぁー)」

「これはやらかしたかもしれん...」


まず落ち着こうか(笑)

目の前にあった自販機でコーヒータイムからの一服。


脳内動画を逆再生。

んーとりあえずガソリン入れよう!

50m先によく立ち寄るスタンドがある。

確か、エンジン始動用に少ししか入れてなかったからただのガス欠かもしれん!


と、思いたい(笑)


満タンにして4.5リットルかあ。

エイプノーマルタンクは確か5.5リットルだよね。

1リットル残ってればあんな止まり方しないよねえと冷静な自分が思う。


コックをオンで少し待ってキック!

はい、駄目ぇ~。

自走出来ない事態なんて今まで回避してきたけどこりゃあ....


押すしかないかぁ〜!

自宅まで10キロくらいあったような。


先程通ってきた渓谷沿いは歩道が無いので、帰宅路は灰ヶ峰ルート1択。



うわぁ、4キロくらい登りだよ!

平均勾配8%!

下ったら自転車でも漕がずに40km/hぐらい出ちゃう坂よ?

うわぁ、洒落にならんぞぉと思いつつも置いていくわけにもいかない。


マイカーは室内広いけど、さすがにエイプは乗らん(笑)


ロックも持ってきてないし、工具も無し。

完全に詰んだ。


30m進んでは目眩がする。

頑張っても100mがいいとこ。

数十回と休憩を繰り返して数時間。


あらゆる駆動場所をグリスアップしといて良かった。

でも、満タンにしたガソリンが仇になってプラスマイナスゼロ。

空気薄いのか?ハァハァ...


ついに1番高いとこ着いたー‼

自販機の灯りがこんなに嬉しいとは。


ここからは全部下りです。


さすがに夜中の1時となれば、ひと一人居ないから無灯走行だけど仕方ない!

もう押すのは無理...

タイヤのロードノイズと風切り音が重なって電動モーターのよう。


呉に引っ越して来て1番通ってるかも知れない灰ヶ峰ルート。

多少暗くっても無問題。


駄目だけど(笑)


車や人っていうより、夜はイノシシさん出てくるからね。

そっちの突進のほうがヤバイです。

野犬もいるけど臆病なので道路の真ん中に突っ立ってなきゃ大丈夫。


スーパーへの行き帰りに何度も出逢ってるしねっ。


うーん、速い速い(笑)

登り2時間、下り10分。

ディズニーランドのアトラクション待ち時間のようだ。


最後の自宅前200mの坂がこれまたキツイ。

徒歩だとなんてこと無いのに。


なんとか無事帰宅。

明日エンジン開け確定。


あ、今度は犬の散歩か!

旧海軍墓地、長迫公園へ。

雪風〜、お水飲んだら帰るぞぉ〜。